お知らせ

 

 

 

 

各工法見たことはあるが最後までわからない
当方提携 工事店様が材料、ツール持参で参ります。 施工手順、タイミング、ノウハウを吸収して下さい。

 

コンクリート直仕上げ出来る職人さん一人と、今後の施工当日プロヂュー サーに、若手の今後の担当者様参加下さい。コテ均しできなくても問題ありません。カラーハードナー散布、クリアーリリース散布、スタンプマット型押しは直ぐに覚えられます。


施工手順、タイミング習得下さい。一緒に作品創りしましょう。
施工計画は当方が作成致します、実際の物件で行います。 担当者様の方とは今後物件ごと連携を取らさせて頂きます。

 

 

CAスタンプ工法

コンクリート打込みとコテ均しは直押さえと同じです。カラーハードナー散布、クリアーリリース散布、スタンプマット型押し、目地バリ除去、カラーリリース 散布、通行止表示など。各スタンプマットの特長、押すタイミング、押す力加減、壁際、役物などやり方見て下さい。

 

 

実際に触って押して柄の入り具合確認ください。 写真右は台風19号の影響で職人さんが一時的に足りず当方提携先の愛知県岐阜県からの派遣です。行動範囲広く機動力あります。名神高速京都南付近までお越しいただいてます。地元の職人さんとの連携慣れてられます。大阪府からの派遣は関西圏そこそこ可能です。どちらの職人さんもステンシル工法RISE工法どちらも担当頂けます。当方と15年のお付き合いです。地元エクステリア工事店様共同で施工下さい。

左施工写真は歯ブラシでパウダーリリースを刷り込んでます若手の職人さん。女性の方、高齢者の方、力仕事でないので施工されてます作品創り参加下さい。S シーラー塗布Cシーラー塗布でも同じです丁寧に塗布ください。注意事項など説明致します。

右写真のサンプルボードでは今回は目地カラー4色のパウダーリリースのシーラー 塗布後の発色ご確認頂いてます。目地カラーで又違った風合いになります。 工業用扇風機など活用下さい。当然1回目は当方からの派遣可能です。やり方タイミング確認下さい。終了後納入BOXでパウダーリリース、各シーラー返送ください。

 

 

CAステンシル工法

 
レンガ仕上げ、岩肌仕上げ使い分けて下さい。 表面の創り方、岩肌の創り方ご覧下さい。

 

 

RISE工法

 
壁面、床面のステンシルペーパー設置、スプレーガンできれいな吹付、表面仕上げなどご覧下さい。

 

 

CAスタンプ工法屋内施工

 
樹脂モルタル1㎝前後のスタンプ工法の施工ノウハウお持ちです。

 

 

CA工法ステイン仕上げ

 
ステイン仕上で更にご近所に無いどや顔作品をお創りください。

 

 

 

 

カラーリリースは

ブルーストーン。チャコール。チョコレート。コーヒー。 シナモン。テラコッタ。ブラック。

 

目地カラーは

ブルーストーン。チョコレート。コーヒー。ブラック。グリーン。 サンドストーン【錆色】。ライトテラコッタ。ダークテラコッタ。 サンデーベージュ。ブリックレッド。バーガンディー。ブラジルナット。

以上の組み合わせになります。

カラーサンプルボードご覧ください。

左上WHITEがOC-1です右横CARAMELがOC-2 WHITEの下CREAMがOC-7の並びです。

現在の取扱いカラーハードナーはOC-1。2。3。6。7。8。9。11。12。16。 18。19。21。22。23。24。25。27。29。32。33。34。36。Cー26。Cー28。新入荷で全25カラーの取扱いです。

 

カラーリリースは7色。目地カラーは12色です。 最終確認は実際にスタンプマットなどで型押ししたサンプルボードでご確認頂くことができます。 ご検討中のお施主様は工事店様にご相談下さい。 スタンプマット、ステンシルペーパー、カラーリリース、目地カラーの組合せでご近所にない作品創造下さい。

 

エメラルドグリーン。オリーブ。ワインレッド。コーヒー。ダークテラコッタ。混合でお創り出来ます、サンプルカラーございます。

 

 

①ベースになりますカラーお決めください。

②アクセントカラー散らされますか。

③目地カラーお決めください、ステンシル工法はコンクリート色が基本です。

④スタンプマット、ステンシルペーパーお決めください。

⑤ステンシル工法、RISE工法仕上げ面お決めください。

サンプルボードで実際のカラーの発色、仕上り面の柄ご確認いただけます。
提携工事店様と連携しましてご近所に無いどや顔作品お創り致します。
【サンプルボード作成は有料になります、工事店様にお問合せ下さい。】

▼RISE工法【目地カラーで変わります】

目地カラー白 目地カラーライトブルー
目地カラーブルーストーン 目地カラー黒

 

▼CAスタンプ工法

Mー2 Mー10

 

▼CAステンシル工法

岩肌仕上げ レンガ仕上げ

 

 

▼コンクリート内部もしっかり染めてます。

 

 

▼何処のメーカーかわかりませんが経年変化お比べください。

工事店様の知識、施工実績、コンクリートの乾燥期間、トップコートの質、塗布 回数など。

恐らく黒色のカラーリリースが無くなってます。ムラだらけです、目地カラーはありません、ボーダーの石 と目地ラインが歪んでます見た目変です。
カラーリリースオイルの膜の影響か?
トップコートの品質か?

オンクリート社の1回目塗布のSシーラーはリリースの膜を吸収してコンクリート内に浸透して2回目塗布のCシーラーとの付着強度を増強させます。

 

こちらも当初全面黒色のカラーリリースが散布してありほぼ黒系でしたが現在はほぼベージュ系です。目地ラインは黒色はのここってます。施工面は綺麗に押し てられます。
白華してきてます。コンクリートの水分がぬける前にトップコート塗布されたようです。 トップコートは恐らく1回塗りのようです。目地カラーはありません。 カラーハードナーの表層分離です。カラーハードナーの品質だと思われまが当方も初めて見ました。全面のようです。

 

階段、ベランダなどでカラーハードナーのめくれです。
外装塗装工事店様と連携でカラーも明るくしてメンテナンスです。工事店様地元福岡県では優良塗装店様です

 

▼水垢などはたまに高圧洗浄機で除去下さい。

10年前後で再シーラー塗布で 表面コーティング下さい発色戻ります【色調整もします】クラック部の補強工事 などは事前に行います。 福井県の工事店様のメンテナンス作品です。

2009年6月 施工です。 2019年3月 現状です。汚れてます。

2019年4月 高圧洗浄、色調整、 Sシーラー、Cシーラー塗布、メンテナンス作業。

2020年11月 現状変わりなしです。
10年前後のメンテナンスお勧めします。

 

 

ステンシル工法施工ミス、目地部分モルタル補修
(大手ハウスメーカー)。
RISE工法でヨーロピアンファンに変身。

 

 

樹脂製ストーンが捲れて道路汚しませんか? RISE工法で2日工程です。

 

 

表層の砂が見えてます。施工時期同じですメーカー分かります。

 

 

色あせ、ダメージを受けたスタンプ工法の上に表面処理してからRISE材一番小さくスプレーしてます。

目地部残すことも可能です。 写真はサンプルボードです。

 

 

ステンシル工法とスプレー工法でも、表層のめくれと白華と変色です。

 

 

 

表面の白華、カラーリリースの色が消えた、表層のめくれ、クラック発生 施工当日の雨打たれ、ネコの足跡など。メンテナンス出来ます。 各メーカーによりカラー違いますが極力色合わせ致します。 お問い合わせ下さい。

 

①カラーハードナー単色です。マットで押された凹み部少し薄くなる箇所が出ます。
ベースカラー:ホワイト

ベースカラー:M-5サンディーベージュ、M-6コーヒーブラウン

 

 

②アクセントカラーをハッキリ入れる【カラーハードナーを使用】。
ワインレットにガンメタ【黒】でハッキリ色付け、薄い箇所も創ります。 ライトブルーストーンをベースにブルーストーンでハッキリ色付け、更にカラーリリースのブルーストーンで 所々淡く染めます。

 

 

③薄いカラーハードナーをベースに他カラーハードナーを載せます。ベースカラー と混ざり淡い箇所も出ます。

 

 

④アクセントカラーをカラーリリースで淡く入れる。
凹み部にカラーリリースを入れる。 一列ごとに違うカラーリリースを淡く入れる。
所々にカラーリリース散布。 所々カラーリリースを変えて。

 

 

⑤ステイン工法 ⑥特別色
ステイン仕上げで更に深み。 サンプルカラーはエメラルドグリーン、実際は更にブルーストーンリリースで深み。

 

 

⑦目地カラーで変わります。  
コーヒー グリーン
ブリックレット ダークテラコッタ
ブルーストーン
チョコレート サンドストーン【錆色】
ライトテラコッタ ホワイト

 

 

 

各工法の経年変化ご報告です。

 

各工法工事店様の技量に影響されますが CA工法は生コンクリートの配合、乾燥期間など。
RISE工法はコンクリートのクラック補強、表面の清掃作業などで大きく影響されます
。各工法トップコート塗布は適量が重要です。10年前後のメンテナンスお勧め致します。

 

2004年9月施工です。2021年5月経年変化確認です。

ステンシル工法レンガ仕上げタイヤの経路、道路面欠けなどありません。 今から思えば道路面のステンシルペーパー横ラインをカットして目地ライン 無くす方法もあったと思います。経年変化確認して思うのはカラーハードナーを 標準より多く散布し、それとトップコート塗布までのコンクリートの乾燥を確認 することポイントです水分を飛ばすカラーが綺麗です。

こちらの物件は1回目施 工時生コンクリートミキサー車が到着予定時間の1時間前に到着してどこかで待 機していたようで9月7日まだ高温でコンクリート打ち込んだ時点で硬化してしまいました、施工できず後日やり直ししました。工場出発時間伝票で確認必要ですね。16年8か月経過安心しました。

 

 

 

2006年8月施工です。2021年2月経年変化確認です。
14年6ヶ月経過です。コンクリート直押さえは黒ずんでますが スタンプ工法変わりないです道路面の欠けなどもありません。 8月施工で陽当りが良く、乾燥期間1週間とられ生コンクリートの水分しっかりと 飛ばされてます。当時にして完璧な施工です。

 

 

 

RISE工法の経年変化ご報告です。2004年7月猛暑日施工でした。 ハウスメーカー社員様宅を提供頂きトライアル施工させて頂きました。
当時道路側勾配の箇所にタイヤの集中荷重、スリップなどで欠ける予想は 話しておりました。2021年2月確認です、写真ご覧の通りはがれてます、その他バイクのスタンド傷で小さくめくれておりましたが全体問題なしです。16年7か月経過です。 (現在は集中荷重がかかる箇所は三層RISE材スプレーするなどしております。下段の高圧洗浄してます写真ご覧ください。)

 

 


施工例 施工例

2008年12月施工RISE工法です。

樹脂の一部が捲れだし全て取除き約1㎝RISE材で嵩上げ致しました一日施工です。レールの凹み部の補強、クラックの補強勾配の関係でタイヤの集中荷重などで問題発生考えられましたが 問題なしです。凹み部の汚れは高圧洗浄で除去できますが今思えばコテ仕上げでスプレー仕上げの凹凸なくす仕上げ方法も有ります。


右上は2018年4月確認です。
左下は2020年3月確認です。
約11年経過問題なしです。

 

 

 

2009年7月樹脂製ストーンがはがれを除去しRISE工法で 1㎝前後嵩上げ施工です。 サンプルボードでご依頼のイメージご確認頂きました。
イメージ通り明るいエントランスに変わりました。 2021年2月経年変化確認です。
縁石に引っ張られ縁石の継ぎ目少し欠けがありますが RISE材の重ね塗り問題なしです。現在の表面を高圧洗浄して仕上げ面コテ仕上げ 可能です凹み部に汚れがたまりません、その上に軽く粒吹きでスリップ防止施工 も出来ます。しかしながら両側のコンクリート直仕上げの汚れが目立ちますね。

 

 

 

2004年12月施工です。2021年2月確認です。
レンガから下CAステンシル 工法岩肌仕上げ、レンガから上はRISE工法です16年経過です。かけ、はがれ無しです。 (RISE工法はカーポートの下になります)

 

 

 

2008年7月施工です、2020年12月確認です。12年5ヶ月経過です。
水垢を時々高圧洗浄されてるようですがクラック、かけなど一切ありません。

 

 

 

写真左2006年12月施工です。ほぼ14年後です。 左下角床面に収縮クラックは1メートル程あります。 壁面も床面も凹み部に汚れは当然ありますが致命的な問題はありません。 カーポート下まだシーラーの輝きが残ってます。 高圧洗浄、クラック補修、再シーラー塗布10年前後にメンテナンスお勧め致しま す。

 

 

 

施工例

2016年5月施工のステイン仕上げです。

コンパスはステンシルペーパーP-26ご使用のレンガ仕上げです。毎日車通行有りますが、色褪せ、表層剥離ございません。

2020年11月確認です。

ステイン仕上げ問題なしです。

施工例 施工例
2013年1月施工スタンプ工法です。右側は2018年6月雨上がり後です。
 

ステンシル工法レンガ仕上げ2012年4月施工です。2020年 11月確認です。

ステンシルページに当時の施工写真掲載させて頂いてますが皆さん初めてのステ ンシル工法でしたが、カラーハードナー、Sシーラー、Cシーラー使用量は規定の ほぼ計算通りご使用、生コンクリートの乾燥期間も表面が白くなる乾燥確認後各 シーラーを丁寧に塗布されてました。自動車が2台毎日通行されますがグレーチン グ蓋周辺もかけありません完璧施工と材料の品質です。

 
施工例 施工例

2006年12月施工薄塗モルタルでのオーバレイスタンプ工法です。玄関前雨水桝鉄部にまでモルタルをつけたため水が浸透して一部捲れましたが、その他クラック、浮き無しです。約1㎝のモルタル厚みですが、人の歩行は問題なしです。

 

右上は2018年4月確認です。

左下は2020年3月雨の日確認です。約13年経過問題なしです。

 

 

 

新しいマット入荷しました。

 

コンパスマットが半分に分かれたマットです。方位がありませんので玄関ポーチ 前などにもご使用ください。

円形コンパス作られる場合はマット移動ください。方位つけられるときはステンシルペーパーP26のN.E.S.WのみのペーパーとM1 シームレスマットセットでお届け致します。サークルの外側にお創り下さい。

 

ステンシルペーパーP28COBBLE ROSETTE90㎝上手く使ってられます長野県の工事店様のカタログとコブルストーンサークルにして上手く活用頂きました、兵庫県工事店様とお施主様のセンスご参考にしてください。

 

 

 

オーストラリアMASTER FINISH社製造 MAGNESIUM FLOATSのご紹介です。

 

長さ、幅、重さ、マグネシウムの含有量従来型と同じです、価格は自社製造なので安価です。

 

 

 

新しいマットをご紹介します。

 

M-30コブルサークルA 黄色部
M-31コブルサークルB 青色部
M-31コブルサークルB
コンパス小1.2mとの組み合わせです。

M-23板目 M-24枕木

M-25角材芯 M-9リバー
M-10ローマ M-16、4×4
M-17、24×24 M-18、チェイサーコブル
M-19、ランダムグラニット M-20グランドキャニオンマットはM-2ランダムマット約3倍の石が入ります。
M-20、グランドキャニオン M-20、グランドキャニオン

 

 

 

当方グループ会社ATBが本場メーカーの各ツールをお届け致します。

 

当方グループ会社ATBが本場メーカーの各ツールをお届け致します。(アメリカ製、オーストラリア製)

CAステンシル工法、スタンプ工法には必需品です。セットでご準備下さい。

A.TBがパレット単位でお届け致します。
ステンシルペーパー、カラーハードナーなどをパレット単位でご購入頂きますとお得価格でお届けさせて頂きます。

 

 

 

スタンプマットM5ヨークマット1枚分のサンプルです。

 

スタンプマットM5ヨークマット1枚分のサンプルを製作ご依頼がございました。

 

マットが大判の為、4分割に致しました。

実物の石の大きさ又カラーリリースを1枚ずつ変えてお施主様にイメージではなく実際の配色などをご確認頂かれます。長野県の工事店様の作品に対する念の入れ方は違います。
実際の仕上がり具合をお施主様がお望みの場合はご相談下さい。

 

 

 

RISE工法経年変化のご紹介

 

H16年1月22日大変寒い施工日でした。
下地コンクリートの砂利が見えている当方営業本部ガレージに施工致しました。
現在社屋増築した為、ヨーロピアンファンの箇所だけになりましたが毎日毎日車が出入りしておりますが剥がれる事などございません。
下地コンクリートが大きくひび割れている所、ジョイントに木が使われている所は一部欠けておりますが、約10年間の経年変化を確認致しました。

 

 

 

CAスタンプ工法経年変化のご紹介

 

2006年11月に施工致しました。
この物件からDT社のリリース材がパウダーから液体に変わりました。パウダー使用時は粉の飛散や最終水洗いが発生し水路を汚したりする問題がございました。


8年と5ヶ月経過いたしましたが色あせなどございません。コンクリートのクラックは一部発生しております。

カラーハードナーとリリース材とシーラー関係の化学反応が計算されております。やはり品質が違います。

 

 

 

施工ノウハウのご紹介

 

スタンプマットM-6年輪、節。マットの施工物件です。
ウッドマットのやく物が右端に入っております。
やく物の作り方などはお問い合わせ下さい。

 

 

 

新しいスタンプマットリースをご紹介致します。

 

M-22 リーガルアシュラ

 

1つ1つ石の平板の模様が違います。 繊細な模様に仕上がります。

 

M-21 アシュラカットスレート

 
凹凸が少ない平板に仕上がります。

 

M-23板目

 
マットの大きさが約29㎝×約91㎝で釘跡もあります。

 

 

 

施工ノウハウのご紹介

 

M10マットを道路側に帯状に押され、ガレージ側はM5マットです。
M10マットが傷つかないよう工夫されております。

 

 

 

オーストラリア ブリスベンにて

 

CAスタンプ工法で急な勾配の箇所をノンスリップ仕上げされております。 アスファルトの上にRISE工法が施工されております。約7年経過しておりますが剥がれや欠け、クラックはありません。

 

 

 

工夫された施工をご参考にして下さい。

 

CAスタンプ工法で急な勾配の箇所をノンスリップ仕上げされております。 CAスタンプ工法で急な勾配の箇所をノンスリップ仕上げされております。
様々な所にいつも工夫された施工をされます。 ご参考にして下さい。
針灸院のリフォーム工事で階段からノンスリップ仕上げのCAステンシル工法に お施主様のご依頼が明るい玄関でしたので、目地カラーをRC-13ブリックレッ
針灸院のリフォーム工事で階段からノンスリップ仕上げのCAステンシル工法に変更されました。 お施主様のご依頼が明るい玄関でしたので、目地カラーをRC-13ブリックレッドにされました。
CAステンシル工法スタンプ工法同様に手間はかかりますが、明るさを表現出来ます。目地カラーを付けられ同業社より1ランク上の工夫をされた仕上げをご参考にして下さい。

 

こちらの工事店様はステンシル工法、RISE工法に続いてスタンプ工法もチャレンジです。 各種マット、カラーハードナー、カラーリリースでレッスンを受けられました。営業商品がまた1つ増えました。
ステンシル工法はプロです。RISE工法は店舗のリフォームで玄関前をリフレッシュ!
こちらの工事店様はRISE工法とスタンプ工法を同日に施工されました。
ご近所の見学も多く施工技術力を発揮されました。
こちらの工事店様は基本通りのレッスンです。
M1シームレスでタイミング、色出しを職人さんの目で確認されました。
こちらの工事店様は店舗工事で内装に軽量モルタルでスタンプ施工されました。
いつもながらセンス力、技術力を発揮されます。
こちらの工事店様は純和風のお家に石畳のM5ヨークをご使用されました。
お施主様に喜んでいただけた作品です。
また冬季、積雪のことも考え表面を少しノンスリップ仕上げをされております。
物件ごとにご近所に無い床面を提案されています。

 

 

 

 

 

トップへ